2020年3月1日より室小路のツルハ付近に移転いたします。詳しくはお問い合わせください。019-613-7318

日本で薄毛がかっこ悪いと言われる3つの理由と対策

日本人男性が薄毛を気にする理由と対策

薄毛対策は男性の人生にとって大きなテーマですが

特に日本人男性は薄毛を気にする傾向にあります。

外国では薄毛になった男性の方がモテる傾向にあり

ポジティブなイメージがついているんですが

日本ではどちらかと言えばネガティブな印象の方が強い感じですね。

 

この記事ではなぜ日本人の薄毛に対する認識がかっこ悪いと感じているのか?

という部分を掘り下げていこうと思います。

日本では薄毛がかっこ悪いといった認識はなぜなのか?

理由:1 幼い顔立ち

そもそも日本人は世界的に見ても掘りが浅く

若く見られる顔立ちをしておりますので

大人に見られる薄毛と幼い顔立ちのギャップに違和感を感じるためです。

日本人でも掘りが深い顔立ちをしている人が薄毛になっても

「カッコいい」

と思われる場合があります。

例えば渡辺謙さんがいい例ですね。

むしろ薄毛になったほうがカッコいい場合だってあるんです。

理由:2 黒髪と肌の色のコントラスト

日本人の肌の色は黄色で

髪の色は基本的に黒髪です。

薄毛になると肌が露出しますので、色のコントラストが生まれることで

見た目の違和感が生まれますので

髪が薄くなること=かっこ悪いといったイメージにつながります。

 

ブロンドの髪のチャールズ皇太子やブルースウィルスが

薄くなってもそれほど違和感が無いのはそのためです。

その視覚効果を利用した薄毛対策をしている人としては

所ジョージさんや小堺一樹さんがいますね。

 

金髪にすれば白髪も目立たなくなりますので

白髪と薄毛を隠す効果が同時に得られますが

社会的に認められづらいのが難点ですね。

理由:3 髪が長い

髪が薄くなって来たら短く切る方がいいと

昔から言われてきておりますが、実際長ければ長いほど

髪の少なさが目立つ結果になります。

 

髪が短いとふわっとボリューム感が出ますし、地肌との色のコントラストの解消にもなります。

洗いやすいといってメリットもありますので

良いことづくめですね。

海外で薄毛がセクシーだと言われる理由とは?

日本と正反対で海外では薄毛の男性はむしろモテる傾向にあります。

その理由は男性ホルモンにあり

男性ホルモンが活発=強い雄

といった構図が遺伝子レベルで感じられていることが理由だと言われています。

薄毛になる原因の一つが男性ホルモンにあるとわかっていますので

男性ホルモンが活発な男性は

  • 強くて
  • エネルギッシュで
  • 繁殖能力抜群

と思われるんでしょうね。

なので、日本人男性も薄毛を引け目に感じるのではなく

むしろ長所としてアピールするくらいの気概があってもいいのでは?と思います。

⇒薄毛対策に活用したいシャンプー厳選3つ