2020年3月1日より室小路のツルハ付近に移転いたします。詳しくはお問い合わせください。019-613-7318

[衝撃]頭の洗い過ぎでハゲるって本当なのか?

髪の洗い過ぎで薄毛が進行するって本当!?

髪を洗わないとハゲる

何となくですが皆さんそんなイメージを持っていると思います。

 

特に理由も無く髪は毎日洗うもの

といった風週になっていますが

昔の人の中で髪をシャンプーを使用し

毎日洗わなくても、ハゲていない人は存在しています。

 

この記事では髪を毎日シャンプーで洗う必要が無い理由を

深く掘り下げていこうと思います。

髪を洗う理由とは?

私たちはなぜ髪を毎日シャンプーで洗うのか?

と根本的な部分に触れますが

多くの人は「汚れるから」と答えると思います。

 

実際毎日皮脂が新陳代謝が続いている以上は発生し続けますし

べたべたした皮脂は空気中のほこりやチリなどを吸着して汚れとなります。

 

それをエサとして雑菌が繁殖し

いわゆる「汚い」状態になるわけなんですね。

それを毎日落としていきましょうというのが髪を洗う理由となります。

市販のシャンプーは強すぎる!?その洗浄力とは?

毎日髪を洗う行為自体は立派な理由がありますので

悪くは無いとは思います。

 

最近では少なくなってきているんですが

シャンプーの洗浄成分が強すぎる事により

頭皮環境を悪くすることがしばしばあるようです。

 

その洗浄力の強さは食器用洗剤レベルということですので

髪にいいわけがありませんよね。

[驚愕]皮脂を落としすぎると何が起こる!?

頭皮の脂を落とせば落とすほどすっきりさっぱりするので

2回シャンプーするんだ~と

良く聞くんですね。

 

実際、がっちりと頭皮の汚れと皮脂を落とすとどんなことになるのか?というと

結果としてはさらに汚れますw

 

皮膚には常在菌と悪玉菌の2種類が存在しており

すっきりさっぱりと洗うと、常在菌ごといなくなってしまいます。

これによって、一時期は常在菌も悪玉菌もどちらもいない状況になります。

 

しかし、ちょっと時間を置くと

頭皮のバリア機能である皮脂が無いことに危機感を覚えた皮膚が

頭皮を守ろうとして必要以上の皮脂を分泌

 

それにつられて悪玉菌が繁殖。

当然悪玉菌の天敵である常在菌が居ない状況ですので

頭皮は汚くなります。

 

簡単に言いますと、頭を洗い過ぎると臭くなります。

その状態が続く場合は頭皮が赤くなり

固くなっていきます。

 

髪が育つ環境ではありませんので、毛髪は細く弱っていき

最後は抜け落ちてしまうのです。

どの程度髪を洗えばいいのか?

では、どの程度の感覚で髪を洗えばいいのか?

という部分なんですが、髪を洗う頻度は毎日で構いません。

問題はシャンプーの選定にあります。

 

冗談抜きで安いシャンプー(1000円以内のもの)は

食器用洗剤レベルの洗浄力を持っています。

根拠は食器洗剤レベルの原因である高級アルコール系の洗浄成分が

安価で作れるためなんです。

 

安くするためにはコストを削るしかありませんので

中身がチープになってしまうんですね。

さらにCMとかがっちりやっていれば尚更です。

と、話がそれましたが

究極な話しではお湯だけでも十分汚れが落ちると立証されていますので

強い洗浄成分のシャンプーは控えたほうがよさそうです。

⇒頭皮に優しく環境を整えてくれるシャンプーランキング